効果的な予防法

トイレトイレのつまりの予防法で最も重要なものは、しっかりとトイレを作ったメーカーが想定した使い方をするという事です。トイレットペーパーを大量に使ったり、折りたたんで使ったり、固めてつかったりなどは絶対にしないように注意してください。

また、最近多いのが猫のウンチを流してしまっているケースです。猫用のトイレ砂などは水に触れると膨らむ性質をもっていますので、トイレに流してしまうと、かなりつまりやすくなってしまいますし、ネコのウンチ自体が水に溶けにくいという事がありますので絶対に流さないように注意してください。他にも猫が戻してしまった時や、オシッコをしてしまった時などに大量のトイレットペーパーをつかって掃除をして、そのトイレットペーパーを一度に流してしまうような時もつまりの原因になりますので注意してください。

節約のテクニックだと言って貯水タンクにペットボトルに水を入れて排出する水の量を少なくしようとしている方もいますが、排出される水の量が少ないという事は、トイレットペーパーを流す力が弱いという事になりますので、当然ながらトイレがつまりやすくなる原因となっていますので、排出する水分量はそのままで使うように心がけてください。